無料ブログはココログ

2018年3月31日 (土)

3月25日賛美合同礼拝

2017年度最後の礼拝となりました。そのことは同時に、大串牧師による最後の礼拝ということ
です。13年間の歩みがゆるされ、豊かな成長を遂げることができました。
心から感謝し、お別れをしました。
聖書 ルカ23:26-43
説教 「三本の十字架」「2018.3.25.docx」をダウンロード
 
午前の礼拝は、45名出席。
夕拝は、ユース賛美礼拝
その後、会食をしました。
夕拝の出席は19名。最後の最後まで祝されました。
感無量でした。
このブログを最後まで見てくださった方、心から感謝します。
祝福が豊かでありますように。
ホームページも、メールもあらたになります。
https://chibahokuso.wixsite.com/church
メールは chibahokuso@gmail.com
新しい、千葉北総教会をどうぞよろしくお願いします。
初代牧師   大串 眞
 

2018年3月19日 (月)

3月18日主日礼拝

さあ、いよいよ、牧師の交代が近づいてきました。
18日、25日の主日礼拝で、大串牧師の任は終わりとなります。
18日は、定期予算総会が礼拝後にありました。
新しい役員が選ばれ、新年度の方向性が整えられたわけです。
礼拝では、ここのところ、毎回が、お別れを前提とした説教となっています。
この日の聖書は、ルカ19:1-10
「キリストと共にある人生の喜び」
人生には出会いと別れの2つがあるわけではありません。
出会いと、すれ違いという2つがあるのであって、出会いは別れとおもてと裏の関係
つまり、一つのことなんだと、この説教でははじまります。
かけがえのない出会い、それは、イエス・キリストとの出会いです。
そして、そのことに支えられて、教会で出会う、人と人との出会いがある。
その証しとして、内村鑑三の『後世の最大遺物』について、最後に触れて結んでいます。
出会いは、別れと一つ。つまり、別れの後は、また新しい出会いが期待できます。
また、かつての出会いは、表面的には、顔を見ない別れが訪れても、永遠の領域で、存続します。だから別れは、終わりではないのです。別れは、新しい出会いへの始まり。
どうか、皆さんが、よき出会いへと導かれますように。また、かけがえのない出会いに導かれますように、切にお祈りいたします。       
いよいよ、次週、次回で、この「オカリナのつぶやき」も最終回です。
今まで、見てくださった方の上に、神様の祝福をお祈りいたします。
また違った形で、お会いいたしましょう。
 
 

2018年3月14日 (水)

3月11日主日礼拝

この日の礼拝後、牧師・神学生・実習生の送別会をいたしました。
礼拝説教も、訣別説教としていたしました。
まだ、あと2週間ありますが、一応この日13年間の締めくくりをいたしました。
聖書      創世記15:1-6    
 コリント()4:7-15
  
説  教 「希望は主のうちにある」
 
「一言で13年を?」
「うーんそうですねえ。おもしろかったです。」
「何がそんなにおもしろかったのです?」
「波乱万丈でした。でもだからこそ、普通では考えられない経験をさせていただきました。」
「主は生きておられることがよくわかりました。」
 

2018年3月 8日 (木)

3月4日聖餐礼拝

三寒四温の季節。気温差に体がついていかない感じがします。
ふきのとうが出てきました。教会の庭隅にも群生しています。
もうしばらくするとタラノメも出てきます。
 
さていよいよ3月。
それは、牧師の交代がもう1か月と迫ってきたということです。
この日の聖餐礼拝は、わたしにとっては最後の聖餐礼拝となりました。
感慨無量ですね。
毎回が、お別れであり、新しい出発です。
現在、牧師室の引っ越しがあり、書類の整理をしていますと、かなり生々しい出来事に関する
書類が出てきます。
波乱万丈ということばがありますが、
この千葉北総教会の開拓伝道においてはそれが当てはまります。
今後の日曜日は、礼拝後に牧師・神学生・実習生の送別会となっています。

聖 書  コリント()3:18-23

説  教 「キリストのもの

「2018.3.4.docx」をダウンロード

2018年2月28日 (水)

2月25日主日礼拝

さあいよいよ2月が終わり、牧師交代まで1か月となりました。
このブログもあとわずかで終了となります。
まことにまことに小さなことですがとにかく続けることができて感謝します。
さて、礼拝でも一区切りとなります。
雅歌を読みました。これでヨブ、詩編、箴言、コヘレト、雅歌と知恵文学をとにかく
読んだことにします。
旧約からの説教に取り組んできました。
旧約学者の父がライフワークとしてきた課題です。
説教「愛という永遠のテーマ」
雅歌8:7

2018年2月21日 (水)

2月18日賛美合同礼拝

14日から、レントとなりました。主イエスの十字架のみ苦しみと死を覚えて、祈りつつ過ごす時です。
と言っても、一切肉を絶つとか、一切の喜び、楽しみを絶つというと、それもまた違うように思
います。要するに、イエス様の十字架と復活を覚えて過ごすということですから
それは必ずしも、悲しみばかりとは言えないからです。
今、旧約聖書を礼拝の中で読んでいます。
そこには豊かさがあります。
お金を稼いで、金持ちになってはいけないとは言っていません。
しかし、行き過ぎると神を忘れた生活に陥ってしまいます。
このほどほど、塩梅ということが、大事です。
今回は、箴言。
次週は雅歌。
婦人の集いアネモネ会では、マラキ書という旧約聖書の最後
聖書の学びと祈りの会では、エレミヤ書
今週で、大串牧師による集会は終わります。
旧約聖書が多かったです。
聖書の豊かさ、深さ、鋭さを想いますね。
聖書   箴言30章7-9
「いかに生きるか」
 

2018年2月13日 (火)

2月11日主日礼拝

立春が過ぎ、少しずつ春の兆しを覚える中です。
 
まだ少し肌寒さを感じつつ礼拝を捧げました。
ルカ16:1-13
説教「置かれたところで最善を尽くす」
牧師の交代が近づきつつあります。
大串牧師による集会は2月いっぱいで終了し、
1か月お休みして、4月から次期牧師にひきついでいただくことになっています。
今までの歩みを感謝しつつ、新しい歩みにゆだねて、祈っています。
この千葉北総教会ホームページについても新しくなっていきます。
今まで見てくださっていた方。
どうぞこれからもよろしくお願いします。
少し早いですが。
 

2018年2月 9日 (金)

2月4日聖餐礼拝

まだまだ寒い時は続きます。
風邪をひかれてお休みの方もいます。
2月に入りまして、教師の交代はもう間もなくという感じがしてきました。
まだまだ実感はないのですが
いろいろと打ち合わせをしていますと、間もなくということなのでしょう。
説教でも13年を振り返ってという場面が多くなりました。
そういう意味では、毎回が遺言のような感じです。
 

聖  書  コリント()3:10-17 

説  教 「土台はキリスト

 「2018.2.4.docx」をダウンロード

 

2018年2月 1日 (木)

1月29日宗教改革記念礼拝

この日は、宗教改革500年を記念する礼拝となりました。

1月21日賛美合同礼拝

この日は子どもたちと合同礼拝でした

聖書朗読  箴言15:15-1716:6-7

メッセージ「他者に対して慈しみ深くあること」
 
 

«1月14日主日礼拝